結婚し、妻になり母になることを考えて就職活動をすべき

私が就職活動をしていた2003年は就職氷河期で1つも内定がもらえないというのがあたりまえの時代でした。そんな中、私はマスコミ関係への就職を希望し、テレビ局・新聞社・制作会社など50社近くにエントリーし、面接を受けました。

しかし、人気の職種ということもあり内定をもらえることはありませんでした。 だんだん就職出来ればどこでも・・・という気分になり受けたケーブルテレビの会社で内定をもらえました。 会社は家から1時間半ほどかかる場所にあり、毎日満員電車で通っていました。 朝は早く、夜は遅い、通勤は大変でしたがとても働きやすかった会社だったので6年ほど勤務しました。

そんな私が退職したきっかけは結婚・出産でした。 会社には出産後働いているひとがいなかったこと。出産し、子供を預けて働く場合は実家の助けが必要になるが実家近くから1時間半かけて通勤する自信がなく退職してしまいました。 当時はリーマンショック前で少し景気が上向いていた時期でもあったので、出産後再就職できるという安易な考えもありました。

それから2児の母になった私が後悔しているのは、やっぱり辞めなければ良かったかな。いやいや、最初から出産して実家の助けをかりることも考え実家近くに就職すべきだったなということです。 また、子供をもつようになって思ったのは、やはり土日にしっかり休日がとれる会社が良いということです。働いていた会社はシフト制で土日の出勤もありました。 子供は成長して学校に行くようになれば必ず土日休みになります。 家族のために働くのであれば家族と過ごす時間も大切です。親と子供の休日が違うというのは少し悲しい気がします。

もし、もっともっと前にさかのぼって就職をやりなおせるのであれば、公務員や資格のある仕事(薬剤師や栄養士、保育士)につきたいと思います。 子供の手が少し離れ、学校や幼稚園に行っている間、時間ができた私は、現在パートタイムでの仕事を探しています。 しかし、短い時間で募集は土日出勤を望む飲食店などしかなく、雇ってもらえません。 内職ですら激戦で仕事を得ることが出来ません。 求人情報などを見ていると薬剤師や保育士は短い時間でも募集があり、時給もとても良いです。 そういうのを見ていると時間が戻ってくれれば、資格を取って就職しなおしたいなとつくづく感じています。

子供の頃、親に資格をとって働いたほうがいいと言われていましたが、「私は私だから」ぐらいで深く考えていませんでした。 人生の先輩である親や先生にもっともっと相談して働くこと、ずっと長い人生のことを考えておけば良かったと思っています。 これから就職するのであれば、人生設計をしっかり考えておくべきだと思います。特に女性は。

また、働いている間のスキルアップも必要だと思います。 私は会社に勤めているとき、簿記三級の資格を取得しました。そのせいか、後半の2年ほど経理課に配属され働くことになりました。 経理の仕事は簡単そうに見えますが、とても重要で会社には必ず必要なものになるのでとても勉強になり、楽しく働けました。 経理課で働いてるときにもっとスキルアップをめざし、簿記2級を取得しておくべくだったと後悔しています。 やはり、3級と2級では再就職で与える印象も違うからです。 また、職場には2級取得者、勉強中の人もいたので、知識を得る絶好の機会を逃したと思っています。

その他には給料に関してももう少しチェックしておくべきだったと思います。 大学を卒業して20万円ぐらい提示されると多く感じてしまいますが、家族をもつことになるととても少ない金額です。 毎年給料が上がるのか、残業代は出るのか、昇進はどの程度するのかも大切な確認事項だったなと後悔しています。